人材が不足している業界

未経験でもOK?システムエンジニアに転職する方法

システムエンジニアになりたい

意外と、これまでにシステムエンジニアとしての経験がなくても採用してくれる企業が多いです。 なぜかというと、圧倒的に数が足りていないことが理由に挙げられます。 企業で採用されてから仕事内容を教えてもらえるので、未経験でも遠慮しないで求人に応募しましょう。

未経験者でも働ける

現在、システムエンジニアの需要が増えています。
しかし人材が不足しているので、未経験者でも採用してくれる企業が増えています。
これまでにシステムエンジニアとしての経験が全くない人でも、採用された後に詳しく教えてもらえるので問題ありません。
未経験でも歓迎してくれる求人を見つけて、応募しましょう。
採用するかどうか決める前に、面接を受けます。
その時に未経験でも、自分にはやる気がある、どうしてもシステムエンジニアになりたいという熱意を伝えてください。

システムエンジニアになると、要件の定義から設計して実際に構築し、さらにテストをするなどシステムを開発する工程の全てに関わります。
技術が不足していても、知識を持っていれば有利に就職できると覚えておきましょう。
そのためシステムエンジニアを目指しているなら、前もって基本的な知識を勉強するのがおすすめです。
本屋に参考書が販売されているので、目を通しておきましょう。
基本的な知識を養うだけで、採用されて具体的な仕事内容を教えてもらう時に理解しやすくなります。

誰でもシステムエンジニアになれますが、適性があります。
まずは、論理的な思考で物事を考えられる人に向く仕事です。
さらにシステムを開発する時は、新しい知識が必要となります。
そのためシステムエンジニアになった後も向上心を持って、勉強を続けられる人に向いていますね。
最後はチームで仕事を進めるため、コミュニケーション能力がある人です。

基本を押さえておこう

面接を有利に進めたいなら、システムエンジニアに必要な知識を基本だけでも学んでおくのがおすすめです。 参考書を読んだり、もっと本格的に学びたいなら通信講座を活用したりしても良いでしょう。 基本を知っていれば、応用の知識を教えられた時にすぐ理解できます。

向いている人とは

システムエンジニアに向いているのは論理的な思考を持っている人、勉強熱心な人、コミュニケーション能力がある人です。 自分がこれらの条件に当てはまるのか、よく考えましょう。 もし欠けている能力があれば、今のうちに磨いてください。 どれも努力すれば、能力を高められます。

TOPへ戻る